陽気に話す彼と気の抜けたコーラ

例えば、何もわからないエイリアンに「蜃気楼」を説明するとしたら、どんなふうに説明する?「たい焼き」の成り立ちとか、いやいや、前提として地球や日本のことから説明始めるかもしれないね。

例えば、何もわからないエイリアンに「蜃気楼」を説明するとしたら、どんなふうに説明する?「たい焼き」の成り立ちとか、いやいや、前提として地球や日本のことから説明始めるかもしれないね。

風の無い水曜の昼は友人と

チカコが、アパートのベランダにて、トマトを作っている。
実がなったらトマトスープを作りたいそうだ。
実は、頻繁に水分を与えないし、ベランダで煙草をふかすので、トマトの環境はぜんぜん良い環境ではない。
丸一日水をあげてないと言う時の、その外見は、葉っぱがしょぼんとしていて、人間がガッカリしている姿にそっくりだ。
気の毒になったので、水をたっぷりあたえると、あくる日のお昼くらいのトマトは陽気に復活していた。

のめり込んで大声を出す家族と穴のあいた靴下
普段、仕事や家の事に手いっぱいで、そこまでゆっくりできる時間がない。
少しばかり時間があっても、常に次やるべき仕事の納期など、今後の詳細が心にある。
そんな中、大きな休みができると、かなり喜ばしい。
よ〜し、この少しだけ空いた時間を何に使おうかと。
だいたい、毎回、あれも、これしたい、など願いのみが重なり、完全には達成できない。
その上、私はマイペースなので、考えているうちに一日が経過。
時は金なり、とはまさに真実だと感じる。

蒸し暑い休日の夜明けに散歩を

アパレル店員さんって私には無理・・・と考えるのは私だけだろうか。
出勤の度に、抜かりなくコーディネイトしないと店のイメージにつながる。
私なんて、外で仕事する時はスーツ着ればいいし、メイクだってしてれば良いとされている。
お出かけの時は、自分が納得するファッションを纏えばいいし、在宅で何かをするときはワンピース一枚で大丈夫。
だから、きっと、ファッションにかかわる商売には、関われない。
ショップに入ると店員さんがやってきて、服の説明や合わせ方を教えてくれる。
私はどうしてもそれに緊張してしまい、買わないで逃げてしまうのだ。
これも、店員さんって出来なさそうと思う事の大きい理由の一つだ。

喜んで話す姉ちゃんと冷めた夕飯
一人の人間のおおよそが水分という調査もありますので、水分は人の重要点です。
水の補給をしっかり行い、みなさん健康的で楽しい夏を過ごしたいものです。
輝く太陽の中から蝉の声が聞こえるこの時期、いつもそんなに外出しないという方も外に出たいと思うかもしれません。
すると、女の人だったら日焼け対策について丁寧な方が多いのではないでしょうか。
暑い時期の肌のスキンケアは秋に出るという位なので、やっぱり気にしてしまう部分ですね。
もう一つ、誰もが気になっているのが水分補給につてです。
もちろん、普段から水の飲みすぎは、あまり良くないものの、夏の時期ばかりは少し例外かもしれません。
というのは、多く汗を出して、気付かないうちに水分が出ていくからです。
外に出るときの本人の調子も関係するでしょう。
もしかすると、自分で気づかないうちに軽度の脱水症状や熱中症におちいる可能性もあるかもしれません。
真夏の水分補給は、次の瞬間の健康状態に表れるといっても過言にはならないかもしれません。
ちょっとだけ外出する時も、ちっちゃいもので充分なので、水筒があれば非常に経済的です。
一人の人間のおおよそが水分という調査もありますので、水分は人の重要点です。
水の補給をしっかり行い、みなさん健康的で楽しい夏を過ごしたいものです。

怒って吠える妹と季節はずれの雪

今更ながら、ニンテンドーDSにハマっている。
最初は、英検対策にもっと英語漬けやターゲットのソフトを買っていたのみであった。
しかし、ヨドバシでソフトを見ていたら、英語関係以外も気になってしまい、結局買ってしまう。
戦国無双やリズム天国、どうぶつの森とか。
変わったソフトで、トラベルシリーズも発売されている。
DSは、待ち合わせなどの、ちょっとの時間にも活用できそうだ。

じめじめした火曜の昼は友人と
今日は少年は、学校の給食係だった。
マスクと帽子をつけて、白い割烹着を着て、他の給食当番のみんなと、今日の給食を給食室に取りにいった。
今日の主食は、ご飯じゃなくてパンだった。
バケツみたいに大きなフタつきの鍋に入ったスープも。
少年は、最も重い牛乳は、男の子が持たないといけない、と思っていた。
クラス全員分38本はかなり重い。
だから自分が、バットに入った38本の牛乳を持ったけれど、同じ給食当番のフーコちゃんが一緒に持ってくれた。
重たい牛乳を女の子には運ばせたくはなかったけど、クラスでちょっと気になるフーコちゃんと教室まで一緒に歩ける、と思ったので、少年はちょっとドキドキしながら、何も言わずに2人一緒に牛乳を運んでいくことにした。

控え目に踊るあいつと電子レンジ

季節の中で、雨の多い梅雨の時期がなぜか好きだ。
部屋の中はじめじめするし、外出すると雨に濡れるけど。
それは、子どもの頃、雨の日に見たアジサイが可憐で、それ以来紫陽花が咲くのを楽しみにしている。
出島で付き合っていた、シーボルトとお瀧さんのアジサイデートの話をご存じだろうか。
オランダ人の中に紛れ込んで日本へやってきた、医師のシーボルトが、紫陽花を見ながら「お瀧さんのように綺麗な花だ」と話した。
梅雨に美しく咲くあじさいを目にして何回も、お瀧さん、お瀧さんと口にした。
しだいに変化して、この花はオタクサと別名を持つようになったという。

雹が降った大安の夕暮れはシャワーを
知名度のあるお寺であろう、斑鳩寺、つまり法隆寺へ行った。
法隆寺独特だという伽藍配置もばっちり見せてもらって、立派な五重塔、講堂も見せてもらった。
博物館では、国宝にも指定されている玉虫厨子があり、思っていたよりも巨大なものだった。
この寺についてを学ぶには、多分、膨大な時間を欲するのではないかとみている。

天気の良い木曜の午前は散歩を

午前0時を過ぎて、眠りに入れないとなると、新作映画を起き上がって見る。
昨日の夜選んだ映画は、「エスター」という米国作品だ。
ヒロインの、エスターは、しっかりものだけれどかなり不思議な女の子。
エンドに意外な結果が待っている。
それは観賞の半ばで、隠された事実が予想できる人がいるか疑問なくらい意外な終わり方。
それは、ビクッとさせるわけでもなく、ただただゾクゾクとするような終わり方だった。
作品は、常に私の夜の時を濃い物にしてくれる。
とは言うものの、常にお酒そろっているので、体重が増加するのが良くない。

余裕でお喋りする弟とよく冷えたビール
気乗りがしなかったけれど、スポーツくらいちょっとは取り組まなくてはとここ最近思う。
職務が変わってから、今日この頃、体力仕事がすごく減り、体脂肪がたいそう増した。
そして、30歳になったのもあるかもしれないけれど、横腹に脂肪がついてきて、とても見苦しい。
ある程度でも、走らないとだめだ。


ページの先頭へ